カンボジアの海外研修生

カンボジアの海外研修生

近年、カンボジアは経済や産業の発展が目ざましく、国のさらなる発展の為に担い手となる人材の育成に力を入れています。

カンボジアの研修生情報探しのサポートをいたします。

その為に、関係諸国である先進国の進んだ技術・技能・知識を習得するために研修生として様々な国の企業へ送り出しています。

国の長期的な発展と貧困の撲滅に対して大きな効果を生みます。

カンボジアにとって日本は、最大の援助国であり日本への憧れや日本製品の高い技術の関心が非常に強い特徴があります。

日本企業も次々とカンボジアへ進出して、身近な存在と感じているようです。

カンボジアの人々は9割以上が熱心な仏教徒で、日本人に非常によく似た面を持っています。

礼儀を重んじ年配者を敬い感謝の心を忘れない部分は非常に共感できる部分です。



そんな国柄から、研修生として日本企業へ送り出される人材は非常に真面目で向上力がある為、技術や知識の習得も早く日本人作業員への良い刺激になります。

海外の研修生には負けられないという意識も芽生え日本の企業にとっても大きなメリットとなっています。

研修生となる人材は若い世代が対象で日本から送り込んだ優秀な教師人によって、日本に行っても困る事が無いように語学・技術・風習などを徹底して教え込みます。



決められた教育時間とカリキュラムをこなし一定の厳しい基準に達した人材だけが来日できます。
カンボジアからの研修生は、母国で習得するのが困難な技術を学び自国の発展の為に大きく貢献する人材に育ちます。

  • 知っておきたい常識

    • 日本の高齢化の波は地方にも留まらず、都市部においては一部の職種の労働力不足に現れていて、中でも外国人技能実習生に注目が集まります。今までは中国やベトナムが多く、医療現場に関していえば経済連携協定(EPA)による結び付きのあるインドネシアやフィリピンの人たちをはじめ各地で外国人技能実習生が働く中で、近年はカンボジアが増加の傾向にあります。...

      detail
  • 知っておきたい情報

    • 開発途上国では、外国人技能実習生が経済発展・産業振興の担い手として、先進国の進んだ技能・技術・知識を習得する制度があります。日本において、そのような人材を受け入れることが国際協力・国際貢献の重要な一翼を担うものとして、非常に注目されています。...

      detail
  • 学びたい知識

    • 開発途上国には、経済の発展や産業振興の担い手となる人材を育成するために、先進国の進んだ技術や技能、知識などを習得させるためにカンボジアの実習生の送り出し事業があります。カンボジアの実習生は外国人技能実習制度を利用して、実習実地期間と雇用契約を結び技能実習を受けることになります。...

      detail
  • 人に言いたい教育

    • 外国人技能実習生が日本各地で働いていますが、近年は経済成長が遂げた国の中には自国で募集が集まらないところもある中、穏やかな国民性で知られるカンボジアの若い人たちが増加の傾向にあります。2016年11月の国会の新法案の可決成立により、外国人技能実習生制度が3年から条件を満たせば最長5年まで働くことができるようになったため、一部労働力不足で頭を抱えていた地域や会社、現場ではカンボジアの若い人たちを積極的に受け入れています。...

      detail